弱アルカリ 洗顔

ニキビケアに弱アルカリの洗顔を進めないたったひとつの冴えた訳

 

ニキビケアに弱アルカリ性の洗顔は効果的なのか?

 

 

近頃、ニキビケアに弱アルカリの洗顔がオススメされる場面に良く出会います。そこで言われているのは、「確かに肌は弱酸性だけど、弱酸性だと洗浄力が弱いです。弱アルカリ性の洗顔できっちり汚れを落としましょう」という事です。

 

さて、弱アルカリ性で身近な洗顔と言えば「固形石鹸」があげられます。「固形石鹸」は弱アルカリ性ですね。

 

 

 

「固形石鹸」で顔を洗うとどうなりますか?

 

 

 

 

多くの人は肌につっぱりを感じるのではないでしょうか?つっぱりを感じると言うことは洗浄力が強すぎる証拠です。弱アルカリ性の洗顔は洗浄力が強すぎるのであまりオススメ出来ません。

 

 

洗浄力が強すぎる弱アルカリの洗顔を使う事は、ニキビ改善への遠回りとなります。

 

 

  • 例えば、必要な皮脂まで落としてしまうことで肌が乾燥してしまいます。
  •  

  • 例えば、刺激的な洗顔料を使い続ける事で毛包漏斗部の異常角化が進みます。
  •  

  • 例えば、強力な洗浄力で肌の常在菌が死滅することで肌のバランスが崩れてしまいます。

 

 

これらのことは、決してニキビ肌に対して良い影響を与えません

 

 

だから、なるべく洗顔は弱アルカリ性でなく弱酸性に近い刺激の少ない必要十分なものを選ぶ事をおすすめします。